Dept. of Electrical and Computer Engin., Yokohama National Univ.

SFQ Logic

AQFP Logic

Adiabatic CMOS

Quantum Computing



Prize Winning Work

ムーアの法則に従い、CMOS集積回路は動作周波数と集積密度の向上を実現して来ました。
スパコンの世界ランクであるTOP500で2011年に1位に輝いた富士通の京では、
70万個以上のコアを用いて 10 PFLOPS以上の演算能力を実現しています。

しかしながらその消費電力は10 MWを超えており、莫大な電力が必要となります。
さらに、次世代のスパコンであるExaスケールコンピュータをCMOS集積回路で実現すると、
その消費電力は100 MWを超えてしまうという見積が出されています。
この値は、小さな原子力発電所1基分の発電量に匹敵する莫大な電力であり、
送電とコストの観点から非現実的です。

そこで吉川研究室では、未来のハイエンドコンピュータ実現のため、
CMOS集積回路よりもはるかにエネルギー効率の良い、
極低消費エネルギー集積回路の研究を行なっています。

各研究テーマの詳細は左のリストからご覧になれます。

Copyright (C) 2016 Yokohama National Univ. All Rights Reserved